タコブログ Written by Tako

【超初心者向け】ライターで稼ぐ方法を解説します【時給6000円を稼ぐ方法を解説する】

ブログ 副業

こんにちは、たこです。

下記の疑問に答える記事を書きました。

  • ライターでどのくらい稼げるのか
  • ライターで稼ぐのは無理なのか
  • どうやって稼ぐのか

サクッと読めますので、最後までぜひどうぞ。

ライターでどのくらい稼げるか

最初にどのくらい稼げるのかまとめました。

基本的にライターは1文字単位で報酬が貰えます。

1文字1円だった場合、、、

  • 1,000文字書けば1,000円
  • 2,000文字書けば2,000円

この文字単価は誰が決めるかと言うと、ライターを募集する発注者側です。

募集者と条件を調整しつつ、単価を決めていきます。

基本的には言い値ではあるのですが、ある程度経験を積めば、交渉もできます。

募集者が1文字3円と言ったら、、、

  • 1,000文字で3,000円
  • 2,000文字で6,000円

2,000文字程度であれば、1時間もあれば書けますよ。

このように、ライターだと時給6,000円も可能なんです。

こればかりは、挑戦してみないとわかりませんが、在宅で時給6000円はアツいですよね!

おすすめのクラウドソーシングサービスはクラウディア

クラウディアは100万人以上が登録した実績もあり、フリーランスのみならず、副業会社員や主婦の方にもおすすめのサービスです。

無料登録は下記からどうぞ。

≫クラウディアに無料登録する

ライターのメリットとは

ライターのメリットとデメリットを書いていきます。

メリット

  1. どこでも仕事が出来る
  2. 好きなことで稼げる
  3. 頑張れば頑張るだけ単価が上がる(交渉の必要あり)

順に解説します。

1.どこでも仕事が出来る

ライターは当たり前ですが、どこでも仕事をすることが出来ます。

スタバでお洒落に記事を執筆することも可能です。

2.好きなことで稼げる

ライターは基本的に募集者が依頼したテーマで記事を書く必要があります。

どんなテーマなのかは、募集時にある程度は明記されているので、自分の好きなテーマを取り扱っている募集者の案件に応募すればOKです。

3.頑張れば頑張るだけ単価が上がる

先程も記載したように、ライターは基本的に言い値ですが、ある程度記事を書けるようになれば、単価の交渉をしてもOKです。

実力があれば、単価を上げてでも手元に置きたいという募集者もいるからです。

また募集して1から教えるとなると非常に手間なので、それの方がコストがかかります。これはお金だけではなく時間もです。

なので、ある程度書けるようになったら、臆せずに交渉しましょう。

ここは人対人なので。

ライターのデメリット

デメリット

  1. 最初は稼げない
  2. 記事が手元に残らない

順に解説します。

1.最初は稼げない

ライターは最初は単価が安いので稼げないです。

1文字0.1円とかもあるかも。

そうなると、1,000文字書いて、やっと100円。1万文字書いても1,000円の可能性もあります。

とはいえ、ここは仕方がないです。

というのも、1年間ライター業をしてきた人と、今日から始めたばかりの全くの初心者が同じ値段な訳はないからです。

アルバイトだって、最初は少し安い値段でテスト期間とかありますよね。

それと一緒です。

ただ、メリットでも伝えたように、ある程度結果を出すことが出来れば、単価の調整をすることは可能です。

2.記事が手元に残らない

ライターの場合は、基本的に募集者の変わりに記事を書くので、書いた記事は募集者のものです。

手元には残らないです。残ったデータはあるかもしれないですが、それを自分の書いた記事として、リリースするとGoogleでペナルティを喰らう場合もあります。

そうなると、募集者のサイトが飛んでしまう可能性もあります。最悪損害賠償があるかもしれないので、ここは注意してください(要は変なことしなければ問題ないんですけどね笑)

なので、記事を書いて、手元に残したい場合は、自分のブログを作成すると良いかもです。

それか、ライター名を残してくれるメディアであれば、自分が執筆した記憶が残ります。

いずれ、自身のポートフォリオとすることも可能。

ライター名を記載してくれる募集メディアもある

最近見つけたサイトで、ライター名を記載してくれる募集メディアがあったので、載せておきますね。

»ハンドメイドチャンネル【ブログライター体験募集】

※ライターに受かれば10万円のお祝い金が貰えるので、一応費用は回収出来ます

期間限定かもなのでお見逃しなく。

ライターの始め方

ライターの始め方を解説します。

手順は下記です

  1. ライター募集の案件を探す
  2. 案件に応募する
  3. 案件受かればライターになれる
  4. 執筆して稼ぐ

順に解説します。

1.ライター募集の案件を探す

まずはライター募集の案件を探しましょう。

基本的にクラウドソーシングというサービスを利用するのが手っ取り早いです。

※クラウドソーシングとは、「仕事をしたい人」と「仕事をお願いしたい人」を繋げるサービス

おすすめのクラウドソーシングサービスはクラウディアです。

クラウディアは100万人以上が登録した実績もあり、フリーランスのみならず、副業会社員や主婦の方にもおすすめのサービスです。

無料登録は下記からどうぞ。

≫クラウディアに無料登録する

2.案件に応募する

あとは気になる案件があれば、募集しましょう。

当たり前ですが、枠が埋まれば、募集を締め切るので、気になる案件があればなる早で始めた方が良いです。

3.案件受かればライターになれる

案件に受かればライターになれます。

4.執筆して稼ぐ

あとはコツコツと執筆して、稼ぎましょう。

≫クラウディアに無料登録する

ライターで生きていく方法

ライターで生きていく方法も解説します。

  1. 最初は経験を積む
  2. 単価を上げていく
  3. ブログ立ち上げやSNSにも力を入れる
  4. 自分のコンテンツも立ち上げ複数の収入源を持つ

順に解説します。

1.最初は経験を積む

最初はとにかく経験を積みましょう。

単価は安くても、ここは仕方がないです。なので、とにかく経験を積んで、それを実績に変えましょう。

実績は何でも付けれます。

  • 「他社メディアで10記事書いた」
  • 「ライター経験1ヶ月あり」

なども、立派な実績です。これをどんどんと更新していきましょう。

2.単価を上げていく

実績が付けば、単価交渉が可能です。

何度も言っていますが、人対人なので、単価を上げてでもキープしておきたいと思われるようなライターになりましょう。

3.ブログ立ち上げやSNSにも力を入れる

ある程度、実績が付けば、余裕も出来てきます。

私も最初は2,000文字書くのに1時間かかっていましたが、最近だと20分もあれば余裕で書けます。

要は40分の余裕が出来るわけです。

そこで、別の記事を執筆しても良いですが、個人的には自身のブログを立ち上げ、自分のコンテンツを増やしていくことをおすすめします。

また、併せてSNSでも発信を始めて、例えば「ライターをこれから目指す人」に向けた発信をしたら、ライター経験の実績があれば、需要はあるはずです。

しっかりと発信を続けることによって、ファン(フォロワー)を獲得することが可能です。

4.自分のコンテンツも立ち上げ複数の収入源を持つ

収入を最大限に高めるためには、自身のコンテンツを持ちましょう。

例えば下記

  • ライターのコンサル
  • Brainやnoteのノウハウ情報
  • オンラインサロン

何でもOKです。

例えば、コンサルだったら「20万円で教えます」と募集したとして、求めている人にとってはしっかり需要があります。

2人いれば、コンサルだけで40万円稼げます。

「ライターで月10万円稼ぐ方法」というノウハウ情報を3万円で販売しても、需要があれば売れます。

ライター向けのオンラインサロンを立ち上げても良いですね。

月1,980円とかで募集したとして、10人いれば、19,800円が毎月入ってきます。100人入れば、198,000円が毎月入ってきます。

こんな感じで、自分のコンテンツを持つことによって、ライターのみならず、複数の収入源を持って生きていくことが可能です。

とはいえ、ここは難しいので、まずは実績を付けるためにライター募集の応募から始めてみると良いです。

≫クラウディアに無料登録する